冷え性の対策・改善に!これからは光で身体を温める!
エビス電子販売有限会社 TEL:090-5131-5826
LEDきんせきくんロゴ
   780nm近赤外線シート
トップページ 会社概要 購入について 開発秘話 よくあるご質問 近赤君の効果 お問合せ
Privacy Policy(弊社の個人情報の取扱いについて)
お待たせしました。LED「近赤君ミニ」が新発売となりました。

気持ち良い温かさ、長時間使用しても大丈夫、軽量、コンパクト、近赤外線LEDの光浸透力で温めます。
【仕様】DC5V/80mA/USBプラグ/40度℃設定/近赤外線LED3個搭載
電源:USBコネクタ付き、出力DC5V電池(別売・市販電池可)、パソコン、他DC5V出力端子で使用できます。
注意事項:幼児、高齢者、意思の伝達ができない方に使用しないでください。熱いと感じたら使用を中止してください。6時間以上同じ場所に使用しないでください。

■1個/3800円(税別) 
「発売記念イベント開催中」先着20名様に限り、
2個同時にお買い上げの場合は2個/5000円(税別)にてご提供!
さらに、近赤君が2個同時に使える「USBツインチャージャー(2股プラグ)もプレゼン中!

詳しくはこちらにてご確認ください。
近赤外線で体の芯からじっくり温まる、光温熱器「LED近赤君」の特徴
■プロモーション動画(拡大して見る)
ポイント1
じんわりと体の芯まで届き
光で身体を温める
ライン
体の気になる部分に、直接装着することで「近赤外線LED」の光が体の内部まで行き届き、体の芯からポカポカになります。温めたい所に装着するだけで優しく包み込み体の芯からぬくぬくです。
ポイント2
長時間装着しても心地の良い
40℃をキープ
ライン
長時間つけても、気持ちの良い一定温度の40℃を維持します。
40℃はお風呂の温度と同じくらいだから長時間つけていても快適です。
ポイント3
厚さなんと5mmのシート
持ち運びにらくらく
ライン
パソコンなどに使用されるUSB電源を利用。!AC電源変換アダプターで家庭用コンセントからも電源供給可能です。また、充電型USB電源を利用する事により外出時にも携帯可能!
ポイント4
首、背中、腰に敷いたまま
寝ても大丈夫
ライン
首、背中、腰を温める事により、血流の改善、疲労回復など、冷え性の回復により、様々な改善が見られます。

商品代金を返金します

1、中かん(ちゅうかん)
ミゾオチとヘソを結んだ中心。
頻尿が止まって朝まで余裕
(60代男性)
男性機能の改善!
(60代男性)
大便がコロコロに
(60代女性)
小便頻繁がましに
(30代男性)
詳しくはモニター結果もご覧下さい
温めポイント
以下のような部分を温める事によって、「ご愛用者」様より嬉しい改善結果が見られています。
ツボ図
■最新版パンフレット
(PDFファイル/442 KB)
PDFファイルを閲覧いただくにはアクロバットリーダー(無料)が必要です。コチラよりダウンロードできます。
※iPadやAndroid端末をご利用の方は各自アプリをご用意していただく必要があります。
4、次りょう(じりょう)
仙骨の2番目の穴、腰あたりの
やや下。
※下半身の温め、生理痛、
軽い腰痛の改善に


生理痛の改善(30代女性)
腰痛が2日で改善
※痛みが有る部分を温めた腰痛体操も併用して。(60代男性)
2、下腹(したばら)
身体を温めるのに良いと
言われている部分。

※腸を活発にする効果、食欲増進、ガスの放出、
美肌効果、頻尿改善、冷え性、生理痛も改善に。
3、首背中
首を前に曲げて出来る最大の
突起の下のくぼみです。
※上半身の温め効果。肩こり、めまい、風邪予防、安眠に
足の冷えが無くなった
(50・.60代女性)
肩こりがましになった
(男女多数)
朝まで快眠出来た
(男性女性多数)
眼精疲労、めまいがましに
(60代女性)

■LED近赤君に関する最新TOPIX
■米国で次世代の「がん治療」として注目を集める「光免疫療法」でも近赤外線が使われております。
※但し、近赤外線が癌を殺すわけではありません、ご参考に以下のURLをお読みください。
http://www.mugendai-web.jp/archives/6080 (外部サイト)
【注】この記事の中での近赤外線はスイッチの役割です。しかし、近赤外線は体の深部にまで届くという証明でもあります。
身体の中まで温める「LED近赤君」をぜひ、お試しください。
モニター様を緊急大募集!

詳しくはコチラ
知っていますか?内臓冷え症のお話。自覚症状の無い「隠れ冷え性」が男女共に増加中!
内臓冷え性急増中

日本人の体に合わせた温熱器です。
日本人の8割は内臓が冷えていると言われています。

お腹を温めて血流を良くすれば病気になりにくい。 日本人の8割は内臓が冷えています。
低体温のため血流が悪くなり体に栄養が行きわたらず、 毒素も体外に出せず、お肌の不調、体調不良となります。LED近赤君で内臓を温め、血流改善で全て解決。健康な生活、早く使えば早く良くなる可能性も。善は急げ!LED近赤君を毎日使うことが最高の予防医学です。健康ほどかけがえの無いものはありません。
さあ、あなたも体験してみて下さい。

血流の改善、リンパの流れを良くします。
効果図
 そんな悩みを解決する新製品「LED近赤君」です。近赤外線は深部まで熱が伝わる!
肩こり 首から肩にかけての筋肉への血行不良が原因。
腰痛 下半身が冷えて血行が悪くなり、腰の筋肉に「冷え」と水滞が生じる腰痛が多いそうです。
下痢 下痢の原因は、ほとんどの場合「冷え」「水分の摂りすぎ」です。冷えると体内の水分を捨てて、体を温めるようなメカニズムが働くのです。
不眠症 ほとんどが「冷え性」です。人間が心地よい眠りにつく時は、スーッと体温が低くなっていくものですが、「冷え性」の人は始めから低いので、この体温の低下が起きないので眠れないのです。眠るにも、ある程度の体温が必要です。
胃や十二指腸の病気
(胃炎や胃潰瘍等)
「冷え性」の人に特徴的な病気です。胃粘膜や十二指腸粘膜も血行が悪く「冷え」ています。
風邪 「冷え」が原因の症状です。
ガン 低体温の人に多く発症するように、体の「冷え」が招く病気です。免疫力が約30%低下しますのでガン細胞は発生しやすくなります。
うつ病や自律神経失調症
や精神的に不調の人
ほぼ例外なく36.5度に満たない「低体温」です。特に体温の低い午前中は、こういう症状がひどい傾向にあります。
便秘 「冷え性」の人が多いです。冷え性の人は胃腸も冷えているため、腸本来の仕事が出来なくて便秘になりやすいです。
その他 女性の最大の関心事である 肌荒れや疲れ顔、加齢に伴う老化を感じている人。
何かにつけイライラする人、 集中できない受験生など
 
内臓冷え性、危険度チェック!
日本人の8割は冷えています。大きく分けて3パターンに分かれています。
■A・B・Cの3つの選択肢がありどれかに該当したら1点加算だだし1問目のみ2点を加えます。5問終わった時点で最も点数が高かったものがあなたの冷え症タイプです。
1.普段の手足の状態は?(2点)
A.手と足の先がいつも冷たい
B.手よりも足の方が冷えている事が多い
C.手足に冷えを感じるが触ってみると温かい
2.普段の汗の状態は?(1点)
A.あまり汗はかかない
B.顔や胸 背中など上半身にだけ汗をかきやすい
C.全身に汗をかきやすい
3.普段の食事量は?(1点)
A.少なめ
B.普通
C.多め
4.寒い所にいるとどこが冷える(1点)
A.すぐに手足の指先が冷え温めてもなかなか治らない
B.すぐに足が冷えふくらはぎや腰まで冷えることがある
C.下腹が冷えやすく太股二の腕も冷えることがある
5.冷えた時に起こる症状は?(1点)
A.頭が痛くなる事がある
B.冷えると上半身や顔がほてる
C.冷えると腹が痛くなったり張ったりする
テスト結果
対処法
A.四肢末端型冷え症の解消法
原因→熱をうまく運べない。熱をうまく作れない。

1.魚など脂肪・コレステロールが少なくタンパク質が豊富なものを摂る
2.首や袖から熱が逃げない様にして体幹部をしっかり保温する
3.ウォーキングなど適度に運動をする 
B.下半身型冷え症の解消法
原因→下半身に熱をうまく運べない。

1.ぶらんぶらんウォーキング⇒手を大きく振りながら大またで歩く。この歩き方だけで心臓のポンプ機能が向上。
※1日10~15分 軽く汗をかく程度行う
2.下半身の冷えに効くツボ
⇒足にチクヒンというツボを押す 1回5秒押しを左右で5回ずつ行う。ふくらはぎの内側の骨の下辺り、くるぶしからひざの中間地点にあり、この辺りを何ヶ所か押して痛いところがチクヒン。
このツボを押すと、刺激が脳や脊髄を介して下半身の血管に伝わり腰から足首あたりまでの血管が広がるため熱が運ばれやすくなる。
3.足指ストレッチ <やり方>
①足の指先を手で覆うように持ち指先全体を5秒曲げる
②5秒数えたらパッと離し、5秒間そのままにする
③1~2を1セットとして両足で5セット行う
※効果がない場合は他の原因も考えられるので、専門医を受診してください。
 C.内蔵型冷え症の解消法
原因→熱を逃がし過ぎている。

1.汗をかきすぎないように熱をこもらない服装 ⇒ウールのセーターなど通気性がよく保温力が高いものにウィンドブレーカーなど風よけ用に着ると通気性もよく保温もできる。
2.素足にならず靴下をはき熱を逃がさない。
3.ウォーキングなどの軽く汗をかく運動で体質改善できる。
⇒軽い運動で体内の温度を上げ自然な発汗と体温調節ができるように熱を逃がし過ぎる体質が改善。
■体温が下がると、どうなるの?
36.5℃ ----- 健康体。
36℃ ----- 体が震えで熱産性を増加させようと体が働く。
35.5℃ ----- 恒常的に続くと自律神経失調症状(アレルギーや肌のくすみ)が出ます。
35℃ ----- ガン細胞が最も活発になる温度。
34℃ ----- 生命回復ができるギリギリの体温。
33℃ ----- 幻覚が出てくる体温。
内臓温度が1度低下すると基礎代謝が約12~15%。
内臓温度が1℃下がると免疫力が30%も低下
矢印
ウオーキングや半身浴・ストレッチやつぼを押す、とか簡単な事でも毎日継続するのは大変です。
5分間の事でも億劫になりますね。オールマイティに簡単に体を深部まで温めることをLED近赤君が後方支援します。
地味だけど、確実に内臓に活!を入れるのです。

冷え性マメ知識

西洋医学の概念には「冷え症」という病気はなく、病気の一つの症状か、もしくは自律神経の失調からくる不定愁訴の一つとみなされています。 しかし、冷え症に悩まされている人は特に女性では多く、最近は子供にも「低体温症」が増えて問題になっています。 冷え症が原因で不妊になるケースもあり、さらに冷えが元でいろいろな症状も起きやすくなります。 以前は秋から冬に症状がひどくなるのが常識でしたが、最近は冷房の普及で、夏でも冷え症に悩まされている人が多くなっています。

■ 冷え症は万病の元                                                            

女性、特に日本女性に多い「冷え症」は、手、足、腰を中心に、体の一部に不愉快な冷たさを感じる症状をいいます。特に女性に多く、その理由としては・・・

・骨盤の構造の違い 男性の骨盤内腔と違い、子宮や卵巣がある女性の骨盤では血流が子宮や卵巣を還流するプールになって、腰などが骨盤内部から冷えやすい
・体型的な違い 一般に女性は男性に比べて体に脂肪をたくさん蓄えており、脂肪組織は発熱作用がない上に熱を通しにくいなどが考えられています。

中でも、日本女性に多いといわれ、日本女性に多い理由は医学的には解明されていませんが・・・

・糖や脂肪が燃えにくい(代謝が悪い)という民族的な遺伝要素
・何事も気にしやすい日本人的な気質が自律神経の失調をもたらし、 毛細血管を縮めやすくしていると考えられる。
・ビタミンEやクロムなどの摂取量が欧米人より少ないという指摘もあります。女性の場合、冷え症は十代後半から起きやすく、妊娠後は改善され、更年期に入って再び激増する傾向が見られます。

■ 子供や女性に増えている「低体温症」                                                            

冷え症に相通じる症状に「低体温症」があり、最近、子供や若い女性に増えて問題視されています。急増の背景には、冷暖房の普及や戸外での活動が少ないために汗腺が十分発達しない、また微量栄養素が不足しやすい現代型食生活、ダイエットなどが指摘されています。

健康な人の体温は約36・5度ですが、36度を切り、ひどい人では35・6度くらいの低体温の人もいるといわれています。脳や心臓、肝臓や腎臓などの臓器は36~37度くらいの安定した状態でないとうまく機能しません。そのために、体には温度調節の仕組みがあり、発汗の他に、手足はラジエーター(放熱器・冷却器)の働きをして熱を発散させます。

低体温症では、大事な臓器に血を巡らせるのが最優先されるために、ラジエーターの働きをする手足には血が巡らず、このために手足が冷たくなるのです。さらに、体の中でさまざまな代謝に働く生体内の酵素は36・5度前後で一番活性化するので35度台の低体温症では酵素の働きが鈍ってしまう結果・・・

・腸内では腐敗菌が増えて異常発酵をおこしやすくなる
・女性ホルモンの分泌が衰えて卵巣機能が低下し、生理不順や不正出血、生理痛、不妊症につながる
・免疫系にも影響を及ぼし、アレルギーや感染症になりやすくなるなどのリスクが高まります。

※『子どものからだと心・連絡会議』の正木健雄日体大教授らが東京都江東区の中学生2356人を  対象にした調査では、午前中の体温36度未満の生徒は男子では14・2%、女子は26%

■ 自律神経の失調からくる冷え症が一般的                                                            

冷え症は血行が悪くなるために起きますが、圧倒的に多いのが自律神経失調症によるものです。更年期に多いのぼせ症や冷え症も、ホルモンバランスの崩れからくる自律神経の失調が原因です。
また自律神経は精神的なストレスが大きく影響するので、ストレスから自律神経に不調をきたし、冷え症になるケースも多いようです。 血液の流れや、血管の拡張・収縮などには自律神経が大きくかかわっています。
さらに、自律神経は心臓や腸管の働きなど基本的な身体の働きを調整しているので、一旦、自律神経が失調すると、血行障害の他、不眠、頻尿、動悸、腰痛、便秘、肩こり、足のむくみ、めまい、疲労感、関節痛、発汗、ひび、あかぎれなど、さまざまな症状が起きます。
そのため、冷え症ではこうした症状が付随しやすくなります。

■ 病気の一症状としての冷え症                                                            

慢性の貧血症、糖尿病、高血圧、腎炎、動脈硬化、レイノー病などが蔭に潜んでいることがあり、まずは健康診断でこうした異常がないか確かめることが大事です。
特に女性では貧血症からくる冷え症が多いといわれています。高血圧や腎炎、レイノー症などは冷え症が進行して起きる場合もあります。

■ 体を温める食生活                                                            

特に気をつけたい夏場の冷たいもののとり過ぎ
・一般的にいわれる"体を冷やす食べ物"をなるべく控え、"体を温める食べ物"の摂取に心がけます。
・その土地でとれた旬のものを基本に、主食は二分搗米など精白度の低い米を中心に大麦、アワなどの雑穀を混ぜ、副食は根菜類を含めた温野菜を中心に、魚などを少量加えると良いでしょう。
・夏、特に注意したいのは冷たい物のとり過ぎです。冷え症の人ほど夏に冷たい物や水分を多くとる傾向があるようです

■ 栄養療法                                                                                                                        

熱源と、それを燃やすビタミン・ミネラル
熱源となるのは炭水化物や脂肪、それに蛋白質ですが、これを体の中で燃やして 熱に変えるには、ビタミンではB群、ミネラルではクロム、亜鉛、マンガンが必要です。
これらの微量栄養素は、穀類の胚芽部などに多いので、熱源となる主食は二分搗米に大麦、雑穀を入れたご飯、パンなら全粒粉で作られた黒パンがすすめられます。
脂肪、特に動物性脂肪は蓄積すると体を冷やす性質をもつので、すすめられません。食品中のクロムは含有量が少なく、亜鉛などもとりにくいミネラルですので、冷え症の人は総合微量栄養素サプリメント(栄養補助食品)の摂取がすすめられます

■ 血行を良くする栄養素はビタミンEが鍵                                                            

鍵になる栄養素はビタミンEで、ビタミンEの学名トコフェロールはギリシャ語で「妊娠を維持する油」という意味があり、末梢血管の血流を良くする働きがあります。
小麦の胚芽部に多く、冷え症の改善には一日100~200mg必要とされ、サプリメントで補う場合は、最も活性の強いαトコフェロールがすすめられます。
また、貧血からくる血行不良の予防には鉄と銅があげられます。鉄や銅はとり過ぎてもいけないミネラルなので、サプリメントで補う場合は、やはり、総合微量栄養素サプリメントがすすめられます。

■ 日常生活の注意                                                            

運動不足、ストレス、過剰冷暖房など、日常生活での間題点のチェックも大切なポイントです。生活の中での予防対策には表があげられます

睡眠クラブ 「安眠、熟睡といった不眠症の方へ」
夜眠れなくてお悩みの皆様へ
首を温めて、安眠、熟睡で疲労回復!
近赤君を首に敷いて就寝すればグッスリ寝れるという報告を多数頂戴しております。最近、疲れ気味の方にもお勧めです。


熟睡出来る素晴らしい商品のお知らせです!
不眠にも個人差が有り、色々な原因が有ると思いますが、冷えや肩こりなどで寝付きが悪い!
熟睡出来ない!トイレに何度も起きる! 結果寝不足で昼間の仕事は集中力不足・・・
お肌があれるなど、良いことがありませんね!

そんなあなたに「LED近赤君」 をお薦めします!
冬になると寒いので電気毛布を使用したくなりますね。私も以前、電気毛布を使っていました。
でも、これはかえって睡眠不足になります。しかも肌が乾燥するので風邪をひきやすくなります。
電気毛布を寝ている間中つけていると、布団の中がとっても暖かくなりますが実はこれはNGなんだそうです。

就寝時、体は睡眠モードになるため、昼間よりも体温を下げます。温かいままだと交感神経が活発なまま、興奮状態になり脳が休むモードにならないそうです。
よって、寝る直前に熱いお風呂の入浴や運動はNGなのです。
電気毛布も同じです。布団の温度を上げすぎてしまうと体温が昼間の温度よりも下がらないため体が睡眠モードに切り替わらず、興奮状態になり逆に目が冴えてしまって眠れません。
また寝ている間に電気毛布により冬なのに汗をかいてしまいます。汗をかいたときにうまくナイトウェアで吸収できればいいですが、ずっと電気毛布で温かいと汗をかきっぱなしになることもあります。
これが皮膚のアレルギーを起こしたり、汗で逆に体冷えてしまって夜中に目を覚ますことにもなります。
そして!!電気毛布は体の水分を奪います!電気毛布の温め方というのは体の水分を奪うため、皮膚が乾燥してしまいます。
そしてのども乾燥しやすいので、のどを痛めて風邪をひきやすくなります。

こういった理由で私は電気毛布をオススメしないのです。
しかし冬の布団は寒いし冷たいですね。ゆたんぽも良いですが、ひと手間が面倒ですしやはり低温やけどの恐れもあります。

そこで!LED近赤君の出番です。
40度の一定温度で使用できます。また45度になれば自動でOFFになり下がれば再度ONとなります。
ちょうど良い理想の温度が保てるのです。
大椎(首の下辺り)や背中に当てて寝れば快適です。足が冷えて寝付けない方は足元に敷いてみてください。
ポカポカとても心地よい暖かさに感激します。
寝付きが良い!グッスリ寝れた! 朝まで気づかず眠れた!
たくさんの感想を頂いております。※近赤君の効果をご覧下さい。

寝不足イメージ



安眠イメージ
最新情報など

LED近赤君開発者の独り言
えべっさんにまつわる日々あれこれ

近赤君イラスト LED近赤君のご用命は「エビス電子販売有限会社」までお気軽にお問合せ下さい
copyrights c EISU ELECTRONICS Co.,LTD 2010 All Rights Reserved
近赤君イラスト